昭和50年頃より宇宙の啓示により波動のある絵画に取り組み、同60年、十一面観音像をテーマに抽象的宇宙空間と仏像の合致した油彩作品を制作。以降、抽象と具象、宇宙と現実、静と動という極めて対照的な世界が一枚の絵の中で見事に融和した、幻想的で神秘的な雰囲気の漂う異色の仏絵と抽象画を海外国内に発表し続けている。
・年表

●伊勢皇太神宮 ”天” ”地” ”人”3点
●日蓮宗総本山 身廷山久遠寺(仏絵展)
●真言宗醍醐派総本山 醍醐寺
(世界の宇宙飛行士5名出席 龍敬子の宇宙マンダラ展)
●京都造形芸術大学
●アメリカNASA宇宙局 ”自由の女神”(アメリカ)
●ロンドン ウェジウッド(イギリス)

●ビバリーヒルズ ロデオギャラリー(アメリカ)
●ブレーメン ワールドトレードセンター (ドイツ)

 

 

 理学博士 三上 晃 元広島県立学校長 理学博士 日本相対磁波研究所所長
 人によって価値観は異なるかもしれないが、龍画伯の絵はピカソやゴッホ、ルノアールなどの巨匠に比べて、ずば抜けて高いエネルギー指数が出ている。下地やバックを描くとき、思念を凝らして、自らの意識を通して宇宙エネルギーを絵の具と共にキャンパスに塗り込んでいる。その下地の上に目指す絵が描かれている、仏画であったり、龍であったりする。それと画伯自身が強力なエネルギーの持ち主であり、強力な宇宙エネルギーを自らに取り込むいわゆるエネルギー受容能力を持っているのである。ちなみに彼女の手から発するエネルギー指数は驚くべき±2700Eという万人に及ばないものを持っているのである。従って、当然のことながらほかの追随を許さない強力なエネルギーを発する絵が描かれるのである。

 

美術家名鑑に紹介されている絵と評価額の紹介
-美術家名鑑記載53ページ 龍 敬子『瑞祥 七福神図』
                 龍 惠理個『エジプト追想-Nefertiti』  
  
-美術家名鑑記載ページ234  評価額 10号作品 350万円- 
龍 敬子の描く油彩作品は2011年度版美術家名鑑において1号(はがき大相当)35万円の評価を受けております。
購入をご希望の方はこちらで購入方法をご確認ください。

 

人生には忘れ得ない時があります。
忘れ得ない事があります。
そして忘れ得ない人がいます。
今から28年前、当時は珍しかった女性社長として 三つの会社を経営していた私が、倒産して5年 この世に生まれた自分の使命もわからぬまま苦しんで いた時に、洋画壇の師匠、故梅原龍三郎先生の 展覧会を見たのです。 噴煙の昇る桜島の風景画に感動し、勇気を 与えられて、先生の作品の模写を35点描きあげ ましたら、ある老人ホームから寄付してくれないかと お話があり、先生にお願いしましたら 『拙作品の御模写、老人ホームに御寄贈の件 結構と存じます』と有難いお許しのお手紙を 頂いたのです。そしてその後、毎年のように 神社、仏閣、老人ホーム等に寄贈を続けています。 模写作家としてスタートした私は、43歳の時、 深夜、突然、強い波動を受け、身体が震えて 無意識のうちに手が動き、一瞬のうちに 油彩作品を3点描かせて頂いたのです。 以来、抽象と具象、宇宙と現実、静と動という 極めて対象的な世界が、一枚の絵の中に融和した 幻想的で神秘的な仏像、龍凰図、 四神相応図、マンダラ、鶴、バラ等を描いて “オーラ・アート、霊光芸術”と呼ばれ、国内や ロンドン、ニューヨーク等、海外展も40回を超えました。
  忘れ得ない事は、いろいろあります。 昭和62年、伊勢皇太神宮に“天、地、人”を 献納した事、昭和63年、日蓮宗総本山久遠寺展の折り、 当時の岩間日勇法主様より “魂を奪われるような素晴しい絵です”とお言葉を 頂いた事。 平成4年、世界の宇宙飛行士5人を呼んで開かれた 京都の真言宗総本山醍醐寺での“宇宙マンダラ展”の時 私の“不動明王”の大作の前で麻生文雄 御門跡が “生れて初めて絵で感動しました”と涙を流された事。 又、平成3年、アメリカNASA航空宇宙局に“自由の女神60号”を 寄贈した時、ア−ロン・コ−ヘン長官が、 “まるでロケットのように女神が昇って行くようだ!” とおっしゃって下さいました。 3年前、100号の龍神画を寄贈した奈良の天河大弁財天社の 柿崎宮司は、『絵から波動が計れるというのは絵がお札に なってしまったのだ』と驚かれ、 今年は秩父の今宮神社の八大龍王様にも “金龍神図”100号を御奉納しました。
それにしても私の人生で決して忘れ得ない奇蹟は 平成元年4月25日、東京の日蓮宗大本山池上本門寺の時、天に雲龍が現れ私も共に写真が撮れた事です。 挫折を乗り越えて、40才から独学で一筋に絵の道を 歩んで来た私は今、各方面からの依頼で “不思議な力に導かれて、直感、潜在能力を高める法” という講演と、絵画展を開かせて頂いています。 東京巣鴨、とげぬき地蔵尊となりの“龍 敬子ギャラリー” にも、是非お出かけ下さい。 『生れて初めて絵を超えたパワーを感じました』と きっと、おっしゃって頂けます。
今年の講演テーマは、『未来への夢をあなたに、私の挫折と健康』です。
心よりお待ちしております。

Back to the top


このホーム ページに関するすべての著作権は龍敬子ギャラリーに帰属します。
このホームページに掲載のイラスト・写真・文章・絵画の無断転載を禁じます。